この物語の内容は実話ですが、
登場人物、地名、施設名は仮名です。
それと、身バレを防ぐために
設定の一部を少し変えています。

どんどん登場人物は増えてきていますので
二回目の登場人物紹介をします。

渡辺拓也…この物語の主人公。つまり私のことです。
      本ブログの方では「施主P」と名乗っています。
      30才後半 

渡辺絵理菜…拓也の妻

渡辺幸子…拓也の母


松本貴之…不動産コンサルタント
      各地で不動産経営のセミナーを行い
      著作本も多数ある。

おまかせ建築会社…松本コンサルタントから紹介された建設会社。
          その地域では有名な大手企業だが、    
          その実際は、欠陥住宅を量産している。
          苦情は、大手弁護士事務所ムーンに丸投げしている。

安田武雄…おまかせ建築会社営業部長

結城克己…私のマンション工事の現場監督

山本健太…おまかせ建設会社建設部長

中山英二…おまかせ建築会社社長。
      おまかせ建築事務所長も兼任しており
      一級建築士

中山文彦…おまかせ建設会社専務。
      中山英二の息子

ハイセンスデザイナー建築事務所
      渡辺拓也が尊敬している建築家である
      アドルフ坂井氏の事務所

スローピィ建築会社…おまかせ建築会社の下請け会社
           社長は山田 担当は森田

ムーン弁護士事務所…有名弁護士を抱える大手法律事務所
           おまかせ建設会社が委託をしている。
           田中弁護士と鈴木弁護士がおまかせ建設会社の弁護を担当している。

賃貸住宅経営の会…渡辺が世話になっている大家さんのコミュニティ。
          会長は満月信成氏 吉野講師が渡辺に親身になってくれる。

欠陥住宅に詳しい一級建築士…井上元治。渡辺の大きな支えとなる。

地域センター信用金庫 ベシニティ支店
          渡辺に融資をしてくれる金融機関

三谷健作…おまかせ建設から訴えられて始まった民事裁判と
      しかたなく私からもおまかせ建設会社を訴えることになった裁判を
      裁判当初~2022年3月まで担当した裁判長。
     (2022年4月より豊田秀一裁判長に変わる)


町中圭…渡辺と同じ頃、先におまかせ建設会社に
     賃貸マンション建築を依頼した不動産投資家。

堀江太郎…株式会社LIO代表。
     渡辺と同じ県内に住む不動産仲介業者。

田中太作…おまかせ建設会社が代理人として立てた
      ムーン法律事務所の弁護士。