<おまかせ建設会社主張の不合理な点>

①おまかせ建設会社と証拠資料の不整合性が目立つ。
(具体的に指摘したので、ここでは略)

②工事中の建築主としての役割を果たしていない。
 
建築の注文者である建築主(私)は、
工事が滞りなく問題なく行われているか
工事中に確認や検査を行わねばならない。

施工者(おまかせ建設会社)が工事を進める上で
設計の意図や詳細を建築主(私)に問い合わせ、
確認したり
協議を求めた際に応じたりすることも
私の大切な役割である。

通常は、建築に詳しくない建築主が多いので
建築主に代わってこの任務を行うのは
工事監理者である。

本件工事の場合、
おまかせ建設会社の一級建築士中山氏は
現状確認や建築主(私)との協議など
工事監理業務を全く行わなかった。

そのため、しかたなく私は
ハイセンスデザイナー建築事務所に
きちんと工事が進んでいるのか、連絡を頼んだ。

そのため、おまかせ建設会社工事担当者も
ハイセンスデザイナー建築事務所が渡辺の代理人と認識し、
何度も設計の意図や詳細の問い合わせを行っており
デザイナーもそれに応じていた。

しかし、それは、あくまでも
「契約したときの内容」の確認であり
工事内容の追加や変更を要請したものではない。

そもそもハイセンスデザイナー建築事務所に
私は工事監理業務までは依頼していなかったが
おまかせ建設会社一級建築士中山社長が動いてくれなかったので
しかたなくデザイナーに頼んだのである。

(この後は、おまかせ建設会社が追加変更としてきた内容の
おかしい点を指摘した。内容は略)