建築会社と戦う男の物語

「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」 を小説に書き換えた、サブブログです。

私は渡辺拓也と申します。
脱サラをし、
不動産投資に取り組みました。

しかし、人生の全てをかけた新築マンションを
建ててくれた建築会社と、現在裁判で係争中。
マンションも手に入れていません。

そんな私の失敗談記録を公開した
「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」
を開始したのが2021年5月でした。

その中味をわかりやすく
ノンフィクション小説として書き換えたのが
このブログです。
こちらのブログもよろしくお願いします★

2022年11月

そして、松本コンサルタントからも話があった。

私は、ハイセンスデザイナー建築事務所のデザインで
契約をしたつもりだったが
おまかせ建築会社の営業担当の安田は、
「おまかせ建築会社の基本パッケージで契約をした認識だった」
と言ったので、驚愕した。

おまかせ建築会社の基本パッケージというのは
(自社で推奨する賃貸マンションの建て方)のことで
私は、そんなものを発注していない。

 それに、この
「基本パッケージ(おまかせ建設の標準仕様)」
 というものが大変曲者で、
 この後裁判になったときに、
 ややこしい話になっていった元凶となったのだった。
 
 第一、この「基本仕様」の内容がどんなものか、
 こちらはまるで何も知らされていなかったし、
 建設会社からも、全く説明がなかった。
 存在そのものすら知らなかった!

「基本パッケージで契約」
 という向こうの勝手な認識だけで、
 おまかせ建設会社は、そのことすら契約書に書かず
 私と契約をかわしたのだった。
 これは詐欺ではないかとさえ思える。
 それに、この契約書に、明細はない。
 ずる賢い。
 どんなものなのかは契約書に書かれていないため
 もめたときに、あと出しで、
 「こんな仕様で、見積もりましたよ」と
 好きな様に仕様を書き換えることができるのである。
 私の契約書に
「基本パッケージ」の文字はないのにである!

 私の発注したマンションはアドルフ氏のデザインなので
 当然、おまかせ建設会社の「基本パッケージ」の建物とは全く違う。

その後、作業しながら、
基本パッケージに追加していった
という考えの基に、追加料金を算定していったらしい。
そのため、2500万円の追加料金を
施主である私に請求しないといけなくなり
そのことを伝えた、と松本コンサルタントは涼しい顔をして言った。

本来なら、デザインは
ハイセンスデザイナー事務所に頼むと
私から希望を聞いていたので
事務所と連絡をとり、
その要望通りで費用概算を出してから
その金額で資金計画を立て、
請負契約をするべきだったが、
松本コンサルタントの契約段階での作業手順がまちがっていた。


私、坂井氏、松本コンサルタントの話を聞いた上で、
契約段階での認識のずれがあったことを
おまかせ建設会社は認めた。

おまかせ建築会社としては
「契約段階での認識の相違があったこと」
「安易に自社の標準パックで契約を取り交わしたこと」
を口頭で認めたのだ。
そして、
「梁のずれと、後からあけてしまっている穴によって
耐震性に問題が発生していないか、計算しなおす」
と、言った。

中山専務は
「渡辺さんがおっしゃりたかった
話の内容は、お聞きました。
でも、今日の話し合いで、こちらの対処法を口頭で伝えても
後から『言った』『言わない』の
水かけ論になるかもしれないので
今日聞いた話に対する会社としての対策方針を
2,3日中に書面にて、
渡辺さんとデザイナー事務所に送らせていただきます」
と、返答をしたので
一応その場は収まった。

その後、ハイセンスデザイナー建設事務所が話をした。

何度も書いているが
私は、賃貸マンションの建築において、
マンションのデザインにはこだわりがあり、
私が惚れた「ハイセンスデザイナー事務所」に
マンションのデザインを頼むことを、
設計段階から決めていて、
そのように告知していた。
なので、コンサルタントも
おまかせ建築会社もそのことは了解していた。

ハイセンスデザイナー事務所のアドルフ坂井氏は
口調こそ丁寧だったが
おまかせ建設会社に対して
内心かなりの不信感や、不満をもっているような感じだった。

 「通常、私どもは、デザインのオーダーを受けた場合は、
 先にデザイン会社と施工会社で話し合って
 デザイン・仕様に伴う経費計算をします。
 その後、施主に、かかる費用の詳細を伝え、
 それに承諾してもらったら、契約に進むことになります。

 資金的に条件が合わず、
 この時点で、建設を諦める施主さんもたくさんおられます。
 デザイナーとしてどこに出しても恥ずかしくないデザインを  
 施主さまに届ける仕事を、責任もって行っております。

 今回もそれを視野に入れて
 2年前からデザイン案と仕様書を
 おまかせ建設会社に届けました。
 そこからデザイン・仕様に伴う経費計算の段階に入ると思っていたのに
 おまかせ建設会社とは、
 2017年に一度だけ、デザインに対する説明等の軽い打ち合わせをしただけです。
 資金など詳細は詰めることができないままで、
 連絡をしても返答をいただくことができず、
 そのまま1年が経過したのです。

 渡辺さんは、私のデザインに惚れ込んでくださっているので
 私もその期待に応える義務があります。
 何度か、詳細の打ち合わせをしたいと
 こちらからスケジュールの調整を打診しましたが、
 それには全く返事してもらえませんでした。

 話し合いをしていただけなくても
 伝えないといけないことは伝えないといけないと思い
 それで、こちらの事務所から
 一方的に仕様などの連絡をいたしました。

 その後、渡辺さんから請負契約を締結されたと聞き、
 おまかせ建設会社から
 こちらから送った物に対しての返信はなかったけれども、
 こちらの資料をしっかり取り入れて、
 その考えを受けた形で設計図ができたと思っておりました。

 2018年4月ごろから
 おまかせ建設会社の現場監督米村氏に、
 どんな感じで進んでいるのか連絡しましたが
 やはり返信が来なくて
 催促してやっと返信をもらったのが2か月後、というひどさでした。
 この頃から、おまかせ建設会社の対応の遅さに不安を感じ始めました。

 2018年末頃、
 デザインをおこした設計図が私の元に届かないことに不安を感じ、
 2019年1月末に現場にて打ち合わせをしたいと
 アポイントを取りましたが、
 おまかせ建築会社側は連絡もしてこず、
 当日現場にも来ませんでした。

 デザイン案をおこした設計図が上がってくるまでに
 普通なら1週間もかからないのですが、
 おまかせ事務所では1ヶ月半以上かかっています。
 しかも催促しまくって、やっと送ってくる感じなのです。

 タイルなどは
 「このタイルは、受注生産のものだから、
 早く発注しないと、手に入るのが遅くなります。
 建築に支障をきたします」
 と一番最初に伝えているのに、
 建設会社の対応が遅すぎて、発注が遅れに遅れて、
 結局、こちらの希望したデザインのものは
 建築に間に合わないことがわかりました。

 作業日に間に合わないと工事が進まないので、
 しかたなく、違う製品に変更せざるを得ませんでした。

 こういったおまかせ建設会社の
 作業遅れによる製品変更が多数あり、
 ハイセンスデザインナー事務所側も
 普通ならしなくていい製品の選びなおし等の
 余計な作業が増えてしまって、
 本当に困っております。
 この事態について、貴社は、どう考えておられるのですか?」

まず私から6月に松本コンサルタントに伝えた、
工事の遅れ、追加要求をしてきたことなど全部、
当該物件の現状を伝えた。

そして、私は見つけた欠陥工事についての部分も伝えた。

①小梁の位置が設計図より
 30cm程ずれている箇所が、複数ヶ所あった。

②コンクリートの大梁・小梁の数ヵ所にコア抜きがされて
 内部の鉄筋が切れていて、
 その部分の鉄筋が錆びていた。

③構造スリット部のタイルに伸縮目地がなく、
 また、平面図に記載された構造スリット部分にスリットがない。
 平面図に記載されている完全スリットがないことに
 大きな疑問が感じた。

④1階住戸のバルコニーに、雨水が冠水して
 室内の床全体に流れ込んで浸水して、
 施錠されていた玄関ドアの隙間から外に流れ出ていた。

⑤メゾネット部分の梁がずれている。

⑥メゾネット二階部分の面積が減少しており、
 鉄筋も切ってしまうような穴が数か所空いている。

そこに至るまでのおまかせ建設会社の接客態度がなっていなかったことで
私も腹を立てていたが
できるだけ冷静に現状を伝え、
ちゃんと対応してくれるように
中山専務や山本部長の目を見ながら
一言一言かみしめるように
しっかり伝えた。

この①~⑥については、
おまかせ建設会社側の中山専務も
山本建設部長も驚いていた。
その現状は把握していなかったようだ。

中山専務、山本部長ともに
梁のずれ、不自然な穴に関しては謝罪したが、
しかし、そのとき、山本部長から信じられない言葉が漏れた。
山本部長は梁がずれていることに関して、
「ずれたのが小梁でよかった。ホッとしましたわ。」
と言ったのだ。
耳を疑った。
小梁のずれだったらたいしたことないという認識なのか?

私の中に松本コンサルタントへの不信感が
憎悪に変わるのに時間はかからなかったのは言うまでもない。

松本コンサルタントは
「施主と、おまかせ建設会社の橋渡しをする」と
高額なコンサル料をとり、
私は、松本さんから
「最後まで私に任せてんか。(任せて下さい)
直接マンション建築に関しては
関わらなくてかまへんで(関わらなくてよい)」
と言われていた。

だから
法外な追加料金を要求してきたことへの不満や
マンションの建築不備について私が追及したら、
「そういう話は
拓也君がおまかせ建設会社の中山専務と、
直に面談したらいい。」
と言うなんて本末転倒もはなはだしい。

腹を立てながらも事態を好転させることを優先した私は
2019年6月末 
松本コンサルタントのセッテイングで
おまかせ建設会社本社に行って
中山専務(次期社長予定)に、
ちゃんと対応してほしいという話をしにいくことにした。

出席者は、私、妻絵理菜、母幸子
私が依頼していたデザイナーアドルフ坂井氏、
デザイナー事務所のスタッフ1名

おまかせ会社側は、中山専務  
請負契約の時に出席している山本建設部部長
松本コンサルタントも同席するとのことだった。

しかし、
おまかせ建設会社の態度は
話し合いの日時を決めるときから、
どちらが客かわからないような
とにかく、首をかしげるような横柄ぶりだった。

それは実際、会社を訪れた際も痛いほど感じた。
会社全体が、私たちを「お客」と見ていないようで
「売り込みに来た業者が来た」「早く追い返したい」
とでもいうようなオーラが出ているような塩対応だった。

私は、おまかせ建設会社と
2億円を超える契約をしている「お客様」の立場である。

しかも、あなたの会社の対応ができていないという
クレームを言いにきている状態であるということは、
会社側としても理解していたはずである。

なのに、
「来るんだったら、月曜日朝10時が空いているから、会社に来て」
とこちらの都合も聞かずに、時間指定でこちらを呼び出した。

それでも、しかたないので、
デザイナー事務所の坂井氏にも声をかけて、
全員片道1時間半以上かけて
おまかせ建設会社本社に足を運んだのである。

15分前に会社に着いたので
10分前になるまで会社前で待機していたが、
私たちが会社前に立っていることに気が付いていても
受付も、なんら反応しないし、会釈すらもしない。

やっと部屋に案内されたが、
汗ばむような夏日の中、
エアコンもかかっておらず、
換気もされていない、蒸し暑い会議室に通された。

10時と指定したのは、
おまかせ建設会社の方だから
遠方より暑い中、
クレームをもって来社する顧客を通す部屋は
あらかじめ、エアコンを利かせておくべきではないのか?
全室エアコン完備の大きなビルなのに。

あまりにも暑くてうんざりしていたら
5分後、違う会議室に移動を促されたが、
その際も「移動していただき申し訳ない」等の言葉はなかった。

到着した別の会議室には、
こちらの人数分の椅子の数がなかったので
自分たちでパイプ椅子を広げて、人数分セットした。

本社(いわば、建設会社の本拠地)に
こちらから出向いたにも拘らず、
中山専務は5分遅刻、山本部長に至っては13分遅刻してきた。
遅れてきても、それに対する謝罪はなく
彼らはそのまま椅子に座って、話し合いが始まったのであった。

私のマンションはそもそも
デザイナー指定ありきの注文だった。
このデザイナーのマンションを建てるところから始まった話なのだ。

だから最初の契約前に、
アドルフ坂井デザイナーから希望を伝えていたのに、
それを今さら
「デザイナーから追加された仕様変化料金を追加支払いしてほしい」
と言われても・・・

それに、
予測できたであろう人手不足で遅れた工事の
損失利益までこちらが被れと!?

全く意味がわからない。 

銀行に出す資料の数字を良くするため?
追加が生じたら、
また私に払わせたらいいだけと思っていたのだろうか。

しかも、追加金の額が
以前に伝えていた、こちらの懐具合事情に近い数字である。
だから、「親に借りれば、払えるでしょ?」
と提案してきたのでは?と思われた。

私はこの時点で
松本コンサルタントを
全く信用できなくなった。

先日私が発見した耐震の不備について、
建設会社に連絡をとってもらおうと思っていたが、止めた。

この人は、ちゃんと対応してくれない。
適当に言い訳をするだけだ。と思ったからだ。
 
それでも、コンサルタントの仕事として
松本氏に責任をとってもらわないといけない。
彼の仕事の範囲である、下記の事は伝えた。

1.工期がここまで遅れていることに納得がいかない。

2.それを全く通知してこなかったのはなぜなのか?

3.契約書上の完成日が伸びてしまい
  契約内容が変更になる事に関して
  事務的な処理が何もないのはなぜか。

4.こちらは完成が延びれば延びるほど
  経済的に実害が生じているので、怒っている。

5.「おまかせ建設会社にまかせておけば大丈夫」
  と太鼓判を押したのは、松本コンサルタントだったのに、
  おまかせ建設会社には、
  メールで質問問い合わせ等を送っても
  返事等がまともにもらえない事が納得できない。


と、コンサルタントの仕事を完遂していないことに対して
疑問や苦情をぶつけたら、
松本コンサルタントは、へらへら笑いながら
「建設業全体が、人手不足で大変なんや~」
と言っただけだった。

たしかに建築業界全般で人が足りないのは、事実かもしれない。
仮にそうだとしても、
それならばそれを織り込んだ日程で契約すべきであり、
連絡等がまともに出来ていないのは
建設会社として仕事ができていないのではないのか?
と、大変立腹して抗議したところ
「その意見は、私ではなく、
将来おまかせ建設会社の社長になることになっている
中山専務に伝えてくれへんか?
今の状況を直接伝えてやってほしい」
と矛先を建設会社に向けるように言われた。

この人何言ってんの?

松本コンサルタントは高額なコンサル料をとり、
施主の私と、おまかせ建設会社の橋渡しをする役なのに!

でもこのまま話しても埒が明かないので
私は直接会社に行き、
おまかせ建設会社の中山専務と、直接面談することにした。

↑このページのトップヘ