私とおまかせ建設会社は、
現在お互いが訴え合っている状況である。
おまかせ建設会社が完成もしていないし
追加もしていないのに
「建設代金の残りと、追加工事費の2000万円合わせて
5000万円をお金を払え」と訴えてきたので、
私がおまかせ建設会社に対して
「ちゃんとけじめをつけてからでないとお金は払えない。
施主である私に何も書類をくれていないから
それを渡してほしい」
という裁判を起こした。

ここからは私が同時進行で行っている
私がおまかせ建設会社を訴えている裁判の話にもどる。

少し前、家族で
まだおまかせ建設会社の所有物である
本来ならたくさんの入居者の方に入っていただいているはずの
係争中のマンションを見に行きました。
囲いもしてあり、中には入れないが、
異変はないか定期的に外から見ているのだ。

マンションも早くどなたかに入居してもらいたがっているだろう、と感じた。
建物は器だけあっても存在価値はない。
中で人が生活してくださってこそ生きるのである。

早く住むことができるような状況にしてやるからな!
と思いながらマンションを見上げた。
悔しいなー!

2つの裁判が行われているというのに
相手のおまかせ建設会社中山社長は
裁判に出てきたことはない。
いったい中山社長は今何をしているのだろうと調べてみたら
会社にどかっとすわって
いろいろな報告を受けているのかとおもいきや
結構アクティブに行動していることがわかった。

自ら、資産運用のセミナーなどを行っているようだ。
もうすぐセミナーがあるようなので
私も参加しようかと思ったが、
本人を見たら血が逆流して
壇上に駆け上がってしまうかもと妻が心配するので
行くことはやめることにした。

内容は
「今まで数多くのマンションを建築してきて
土地活用を成功させる提案をしている」
「不動産で安定した資産運用をするコツ」
らしい。

本当にそれが中山社長が行っていることなら
私はとっくに不動産経営者として
充実した毎日を送っていたはずなのだが。

もしかしたら、中山社長は
私のマンションの件は、田中弁護士に任せた段階で
すっかり忘れてしまったのかもしれない。

私がマンションを建てたきっかけは
松本コンサルタントのセミナーだったが、
松本コンサルタントもとんだ食わせ者だった。

あちこちでセミナーや講演会が開かれていますが
果たしてその内容は正しいのか
その人は信じることができるのか
心眼を使って、真実を見ぬかないといけないと感じている。