建築会社と戦う男の物語

「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」 を小説に書き換えた、サブブログです。

私は渡辺拓也と申します。
脱サラをし、
不動産投資に取り組みました。

しかし、人生の全てをかけた新築マンションを
建ててくれた建築会社と、現在裁判で係争中。
マンションも手に入れていません。

そんな私の失敗談記録を公開した
「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」
を開始したのが2021年5月でした。

その中味をわかりやすく
ノンフィクション小説として書き換えたのが
このブログです。
こちらのブログもよろしくお願いします★

カテゴリ: 完了検査

施主検査を終えて、
次の裁判が開廷された。

私はどうしてもその時に裁判長が放った言葉を
許すことができないと今でも思っている。

事前にきちんと連絡してあったにもかかわらず
おまかせ建設会社と田中弁護士は来なかったので
鍵がなかったから、しかたなく私は
鍵業者を手配して、扉の鍵を破壊して中に入ったわけだが
裁判長が、
鍵がなくて入れないことや
おまかせ建設会社の作業員が鍵を開けていることに対して
「どちらの対応にも遺憾の意をしめします」
と言ったので、言葉を失った。

こちらは事前に書面で
散々連絡をしていたにもかかわらず、
全て協力を得られなかったので
しかたなく鍵をこじ開けたのだ。
そして終わったときに鍵業者に新しい鍵をつけてもらったのだ。
その新しい鍵はすぐに田中弁護士に送った。

本来おまかせ建設会社と田中弁護士が来て鍵を開けてくれれば
何の問題もなかった。
責められるのは、おまかせ建設会社と田中弁護士だけじゃないのか?

裁判長に関しても、
「○月○日○時に、私は施主完了検査をしますよ」
「立ち会ってくれない場合は、鍵を壊して開けますよ」
と裁判で言っていたときは
「私は関係ないです」
という態度で、全く反応も指示もしなかったのに
おまかせ建設会社はともかく、
私の態度にも遺憾って何ごとだ!
と私は怒りが爆発しそうでした。

しかも田中弁護士も弁護士としてのプロ意識が希薄で姑息である。

現地確認がある事を知っているくせに
一旦受け取っていた鍵を前日に私に送り返すとは。

罵倒したい気持ちを抑えていると
裁判長が、田中弁護士に
「なぜ受け取った鍵を当日持ってこなかったのですか?」
と質問した。

すると田中弁護士はすました顔で
「私は、おまかせ建設会社の弁護士です。
渡辺氏から依頼を受けることはできません」
と答えた。

私の依頼ではない。
施主検査のために必要な作業なのだ。
この意味不明な答には
さすがにそこにいる全員が
「それは、違うんじゃないか?」
と突っ込みたい表情をした。

・・・・・・
田中弁護士は、おまかせ建設会社社長の代理人でしょ?
だから、あなたに新しい鍵を送ったのだ。
しかし、田中弁護士は、その鍵を再度私に送り返してきた。

送り返された鍵については
私は、おまかせ建設会社へ直接送り直した。

なんだかもう、やりきれない気持ちでいっぱいになった。

マンションは欠陥が多数あって
とても建設が完了したとは言いがたいものだった。

鍵を渡してもらっておらず
現場も見せてもらえず
説明も受けていない状態だったので
「施主完了検査を行う」
と書類にて裁判でお知らせをして
施主完了検査をしたら
マンションの状態はひどいものだったわけだ。

完了していない工事や
指示していた仕様になっていない部分が多く見つかり
呆れてしまい、そして悲しくなった。

施主完了検査では
おまかせ建設会社も田中弁護士にも立ち会ってくれるように
連絡済。
なぜなら、私はマンションの鍵をもらってなかったから
立ち会ってもらい
おまかせ建設会社に
鍵を開けてもらう必要があったから。

立ち会ってくれない場合は、
こちらで鍵業者に依頼して開けてもらうと
ちゃんと正式な書類で
裁判の中で伝えてあった。

でも、結局、昨年の施主完了検査の日は
おまかせ建設会社と田中弁護士は来なかったので
私が鍵業者を手配して、扉の鍵を破壊して
簡易の鍵を各扉に取り付けることとなった。

マンションの所有権はまだおまかせ建設会社のため
鍵を付け替えたので、
付け替えた鍵一式を
施主検査終了後、田中弁護士に送った。

そうしなければ
鍵を新しくしたことで
「施主Pにマンションを支配された」
とおまかせ建設会社が主張してくることが
予想されたからである。

次の裁判は
現地確認のため
裁判長、田中弁護士も現地集合となっていた。

裁判長、専門委員(1級建築士)、私、おまかせ建設会社(従業員)と
全員がそろったのに、おまかせ建設会社と田中弁護士は来なかったので
現地確認当日に、
鍵がないということになってしまった。

問い合わせると、鍵一式は
裁判の前日に田中弁護士は
私に送り返したと言ったのである。

前日に送り返しても
翌日の現地確認の時間までに
私の手元に届くはずがないのに。

鍵がなければマンションの未施工部分の確認はできない。

簡易の鍵はすぐ破壊できるものだったので、
おまかせ建設会社の作業員が
工具で扉をあけて現地確認は行われた。

現地立ち合いは
1時間程度、裁判長と専門委員(建築士)が建物を見て回るというもので
私とおまかせ建設会社サイドの人間が
裁判長からの質問があったときに
答えるというだけで
特に話し合いは行われなかった。

私は現在、マンションを引き渡してもらっていない。

引き渡ししてもらう前に、
「施主完了検査」という工事完了検査を行うのが通例である。
施主として、建物がちゃんと建てられているか
ちゃんと確認してから引き渡してもらうことが必要だからだ。

それとは別に、行政上必要な完了検査が行われ
建物が完成したと確認できたら、
分割して支払っていた、最後の建築代金を支払い
建物引き渡しが行われる。

しかし、私のマンションは
必要書類もほとんどもらえず、
ご近所様にも迷惑をたくさんかけて
騒ぎを起こしながら建築された・・・はずなのに
未だに引き渡しが行われていない。

それは私がオーダーした通りのマンションに
なってない可能性が高かったから
私が、
「ちゃんと筋を通して取引してほしい」
「安全性の高い建物なのか確認してからでないと
引き渡しには応じられない」
といったことから始まった。

おまかせ建設会社は
私に、「マンション建設は完了した」と言い切っているが
全くマンションを見せてくれないので
「施主完了検査」をさせてもらっていません。

ちゃんと建てられたかどうか確認もせずに
残金を払って引き渡してもらう人間が
この世の中に存在するはずがない。

大事な書類がほとんど貰えていない状況だから
詳細はわからないのだが、
どうやら、私のマンションは
耐震性に問題があるようである。
だから、「大丈夫だ」という確認をしないと
私はマンションを引き渡してもらうわけにはいかない。

この件については、双方が相手を訴えて
現在係争中だが、
裁判には、相手のおまかせ建設会社社長は
一回も出てきたことがないのです。

代理人の田中弁護士は
のらりくらりとして
一向に裁判を進めようとしない。
そのため裁判は牛歩の歩みである。

もう我慢の限界だった。
私は、裁判で
「施主完了検査を行う」
ことを伝えた。

この完了検査には、
建築主(私)と監理者(おまかせ建設会社中山社長)が検査して
施工者(おまかせ建設会社代理人)がこれに立会うことが必要である。

ちゃんとこの検査を行うことを伝えたのに、
今回の検査では、監理者及び施工者は不在でした。

なお、検査は、私が依頼した1級建築士2名が行なって
指摘事項をその場で
建築主である私に説明してくれた。

↑このページのトップヘ