<住居部チェック> (複)は複数の部屋に見られた欠陥

34. 玄関扉は、扉枠共(ダイノックシート張り)であるが
   現況は塗装しており、使用材料が間違っていた。

35. 入口玄関の上り框(かまち)の取付けが未施工。

36. (複)バルコニーの物干金物取付けが未施工。


37. (複)バルコニーの天井の打ち放しコンクリートが非常に粗悪!

38.(複)バルコニーの天井から電線保護材が飛び出ている。

39. (複)洋室のエアコン取付けがされていない。

40. LDK窓下壁に亀裂
   コンクリートの影響を確認する必要があるだろう。

41. (複)バルコニー床の亀裂が多く補修が必要。

42. バルコニー手摺上部のルーバー(木目調)が未施工。

ルーバーは、遮光、防犯機能と装飾効果をかねそなえた縦型の外装ブラインドのこと。

43. 洋室の窓下の巾木上のクロスに剥離していた。

44. バルコニーコンクリート手すりに異常な亀裂がある。

45.(複)給湯器用コンセントが固定されず、未施行だった。

46.(複)壁のタイル、特に窓付近の浮きが多い

各部屋、どこかが浮いている。
見た目の問題だけでなく、非常に危険。

47.(複)玄関扉の養生シートが付着しており、
  はがそうとしても、はがれず、ボロボロ

中途半端に養生シートが剥がれており
付着したままになっているので、
扉全面を補修しないといけない状態である。
ドアの状態はショックだった。
それぞれの借主さまの玄関の扉だから、
ピカピカに磨きたい気持ちなのに。

48.(複)バルコニー窓下サッシまでの立ち上がり寸法が
  短く、防水対策の施工状況を確認しないといけない。

49. ベランダの壁に穴が開いている

50.(複)壁バルコニーの物干し金物取り付けが未施工だった。

51.(複)壁にヒビが入っている

壁紙にヒビが入っているのではない。
コンクリートの壁にヒビが入っている。
レンジフード上部に大きい透き間がある

53. 外壁コンクリート打設後に、鉄筋を切断して
  換気扇用の貫通穴を開けている

鉄筋を切断しているので
構造強度上の問題がないか、確認しないといけない。

54. 外階段に防護柵が取り付けられていない!

外階段に防護柵がなかったら
危険である。
安全面の配慮を忘れるなんて、呆れた。

チェックしたのは以上である。