建築会社と戦う男の物語

「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」 を小説に書き換えた、サブブログです。

私は渡辺拓也と申します。
脱サラをし、
不動産投資に取り組みました。

しかし、人生の全てをかけた新築マンションを
建ててくれた建築会社と、現在裁判で係争中。
マンションも手に入れていません。

そんな私の失敗談記録を公開した
「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」
を開始したのが2021年5月でした。

その中味をわかりやすく
ノンフィクション小説として書き換えたのが
このブログです。
こちらのブログもよろしくお願いします★

タグ:松本コンサルタント

別訴で不服な判決が出たのをきっかけに
私は今までの経緯を整理した。

私が不動産投資にチャレンジしてみようと思ったのは
母がたまたま不動産セミナーに行って
「とてもいい話だった。
あなたも不動産投資してみたら?」
と教えてくれたからだった。

そのセミナーを開催していたのは
松本鉄也という不動産コンサルティングマスターだった。

あちこちで起業家育成塾をひらいており
本も出していて
かなり活動している人である。

それで私もセミナーを聞きに行った。
方言が、私の故郷に近いものがあり
話し方も人を惹くものをもっていたので、
次第に松本さんに信頼をおくようになっていくのに
時間はかからなかった。

それから何年かセミナーに通い
個人的にも親しくなって
「拓也くん、キミ、マンション建てへんか?」
と誘いをもらうまでの仲になった。
私は喜んだ。
「松本さんに相談すれば
まちがいない」
という気持ちになっていたのは否めない。

建築用地購入にも
関わってくれた。

いろいろな要素が重なり
松本コンサルタントを疑う気持ちは
全くなかった。

だから、松本さんと
賃貸マンションを建てるためのコンサルタント契約を
結んだのだった。
委託料は300万円
全額一気に払うように言われたので支払った。
(一気に払えと言われた時点でうさんくさいことに気づけばよかった)

すると
「マンション建てるんやったら
 おまかせ建設会社やで。
 ここ、私はよう、知ってるねん。
 この会社に任せておいたら、間違いないで」
と言われた。
「じゃ一回お話、聞かせてもらいます。」
とおまかせ建設会社営業に会う席を設けてもらったら
話を伺うどころか
その初めての顔合わせで
仮契約を結ぶような感じに話をもっていかれて
不審に思いながらも
そのままおまかせ建設会社に任せることになったのであった。

でも、これは元々
松本さんがおまかせ建設会社とタッグを組み
紹介料をもらう約束で私を誘いこむという策略だったらしい。
そのことを後で知り、悔しくてずいぶん地団駄を踏みました。

裁判は続いているが、今、松本コンサルタントは何をしているのか?

松本コンサルタントは
法律事務所からの連絡以外
私からの個人的な連絡はとることができない。

どうやら、ブロックされているようだ。
そりゃそうだろう。
今では私は松本コンサルタントが騙したことに気づいているのだから。

私を騙しておいて、
松本氏は、いけしゃあしゃあと
おまかせ建設会社社長の中山社長と同じく
アクティブに行動されているようである。

全国に3カ所ほど拠点があるようで
新型コロナ感染拡大を受けて
しばらく休止していた「起業家育成経営塾」も再開したらしく
2022年の4月にも勉強会を行っていました。

大家になるということは、事業者となることなので
基本的知識としての
税金、財務会計、民法、借地借家法や
客付け仲介業者や
管理会社や施工業者との良好な関係の築き方
予期せぬトラブルへの対応等などを教えてくれる勉強会である。

・・・・私のときもそうだった。
彼は、そういう話を話術巧みにするのである。

そしてその後は
希望者による懇親会を行い、個人的な接点をもつ。

やり方、変わってないなー。

若く見えるエネルギッシュな人だが、
うまい汁を吸うための何も知らない素人を探すために
セミナーをしているのなら残念なことだ。

年を経て、誠実な経営者に変わってくれていたら
まだ私の気持ちも収まるのだが。

さて、話を裁判にもどす。
裁判長は、
「今回おまかせ建設会社が出してこられた準備書面では
 追加工事の認識や追加工事の代金については
 渡辺氏(私)には内輪で請求しているので
 法定でつまびらかにしなくても
 立証はできるということを書いていますが
 ここで立証する必要はないと、考えているんですか?」


田中弁護士は、ふんと鼻を鳴らして答えた。

「そうです。今出している書類で
 十分追加工事の説明をしているので
 新たに出さなくてもよいと考えています」

裁判長は、ゆっくりと確認するように
田中弁護士に質問をした。

「参考事項として話をします。
 今の所、調停委員の中では、
 渡辺氏側である
 ハイセンスデザイナー事務所さんや
 松本コンサルタントさんは、
 おまかせ建設会社の主張に近い考えだったのでないかと
 いう話が出ています。
 つまり、渡辺氏は、『追加工事はなかった』と
 主張していますが
 証拠から考えて、
 ハイセンスデザイナー事務所さんや
 松本コンサルタントさんは、
 契約時の値段+変更している部分にかかった費用を
 渡辺氏が支払うことになると考えていたのではないかと
 思われます。
 これは、専門委員の意見であって、
 裁判所が判断したものではないので
 裁判所の考えではありません。
 これから争点となる部分です。
 ただ、そのような見方もしているということを
 渡辺さんは頭に入れて
 主張の追加をするかどうかをご検討下さい」

え?そんな初耳の話だった。
なぜ松本コンサルタントや
ハイセンスデザイナー事務所が
『追加工事があるから
それで発生した金額は私が支払うという考えだ』
と判断したのだろうか?

松本コンサルタントは何を考えているかわからないが
少なくともハイセンスデザイナー事務所の考えは
私と同じで、追加工事は発生していないという認識である。

訳がわからない。

松本コンサルタントは私側の人物と裁判長は断言したが、
それはまちがえている。
コンサル活動が正常に機能していれば私側の人間と言えるだろうが、
実際は裏で建設会社と繋がっているので
私の関係者ではなく
むしろおまかせ建設会社側の立場なのだ。
本当に厄介な存在である。

↑このページのトップヘ