建築会社と戦う男の物語

「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」 を小説に書き換えた、サブブログです。

私は渡辺拓也と申します。
脱サラをし、
不動産投資に取り組みました。

しかし、人生の全てをかけた新築マンションを
建ててくれた建築会社と、現在裁判で係争中。
マンションも手に入れていません。

そんな私の失敗談記録を公開した
「訴訟額2億1000万!?新築マンション投資失敗ブログ」
を開始したのが2021年5月でした。

その中味をわかりやすく
ノンフィクション小説として書き換えたのが
このブログです。
こちらのブログもよろしくお願いします★

タグ:裁判所は法の番人

「裁判所は、『法の番人』であり、
判決は、『法と証拠』に基づいて
公平・中立な判断が下されるものである」

私は裁判所に強い信頼をよせていた。
この想いは私だけでなく、
日本国民の認識であるとも思っていた。

しかし、裁判所は私が受けている不利益について
なんら考慮してくれていると思えない判決を下した。

私を支援してくださっている人も一様に呆気に取られて、
「とても現実のものであるとは思えない」と口をそろえている。

「法の番人が法を犯すのか」
といいたい気持ちを抑えきれない。

私の本件事件における請求趣旨は、
建物を設計して同時に工事も請け負う、
いわゆる(設計・施工を行う会社)=おまかせ建設会社の
建築基準法・建築士法及び建設業法など
関連法規等を犯している行為を明らかにし
併せて私の権利と家族の将来を守るための闘いでもあった。

ところがこの願いは、見事に裏切られた。

建物を建築する時に、
まず最初に必要なことは、設計であり、
どのようなものをどんな材料を使って、
間取り・外観デザイン・各種設備機器
構造強度・耐久性を
建物を作る上での様々な法律を守って考えないといけない。

予算はどの程度にするかなど、
考えなければならないことは数限りない。

それらのことをうまく考え工夫して
建築主・使う人、近隣地域の人達にとっても好ましい、
良い建築物を作るときに
それらをうまく考えて設計するのが、
建築に関する知識や経験豊富な
建築士の仕事ではないのだろうか?

私のマンションの担当建築士は
おまかせ建設会社の社長でもあり、
おまかせ建設事務所の中山社長である。

そして、熱心に時間をかけて考え抜いた設計が終わったら
次は工事会社がその建築士の指導のもと
設計した建物の工事に適した規模で
信頼のおける高い技術で、
建物完成に向かっていくのが、工事会社の役目だ。

設計者は、面談に立会ったり見積書のチェックをしたりして
間違いなどがあれば素早く見つけるはずだ。

工事中は工事会社の現場監督が
常に作業員への指示をしたり
材料手配をしたり、丁寧な検査をしたりしながら
近隣への影響なども怠らず
工事全般に気を配るものではないのか?

定期的に設計者(中山社長)も
建築主(私)の立場で工事状況を確認したり、
設計図を片手に現場との照合や検査もしてくれたりして、
時には建築主(私)も加わって
設計者・現場監督とで
工事の進みぐあいを確認しながら必要な打合せをするものではないのか?

設計者の建築士は、工事中には「工事監理者」という呼び方になるが、
工事監理者を置くことは法律で建築主の義務として決められている。

それが一切なされなかった。
その結果がこの欠陥だらけのマンションとなっているのだ。

普通の工事現場の本来の風景が展開されていれば
私のマンションがこんなひどい形で建築され
しかも、裁判でそのことを訴えることもなかったはずだ。

私達は、なぜ、
初めて建てた賃貸マンションの工事の裁判で苦労しないといけないのか?

「完成した」とおまかせ建設会社がいうこのマンションの状態を見ても
おまかせ建設会社に非はないというのか?


工事契約の約款においては、
施工者が工事監理者に報告したり、
提出すべきものあるいは承認を得るという項目が多く定められているが、
これらの全ては、
(工事監理者は建築主の代理人である。)
という重要な役割があるからである。

本件建物の建築主である私とおまかせ建設会社との間では、
工事中の追加変更工事費の問題で
本件事件とは別に大阪地方裁判所で係争中であるが、
そこで大きな問題になっているのが、
おまかせ建設会社が工事契約締結後の早い時期に
(請負代金内訳明細書)を建築主に提出すべきであったが、
提出していなかったために
追加変更工事費を検討する際の基準となるべき
契約時における(請負代金内訳明細書)を
建築主である私が把握できないことにあるのである。

したがって、
建築主と工事会社が公平な契約を交わして
円満な工事を進めるための取り決めごとを記載しているのが
「契約約款」であり、
その中の記載の一つに、
契約後速やかに
(請負代金内訳明細書)を
監理者に提出して
建築主に渡るようにすることを決めているのである。

よって、裁判所の上記の判断は、
通常の工事ではあり得ない考えであり、
あまりにもおまかせ建設会社をひいきした判決
となってしまっているのではないのか。

この点は、本件事件の第一審の審理全般にわたって、
担当の裁判長が取り続けてこられた
偏った訴訟指揮の一端を顕している。

私は、第一審の審理の中で、
請負者が請負代金内訳明細書を
提出しなければならない理由や目的を
再三にわたって主張したが、
裁判所が理解してくれなかったことに対して
憤慨するばかりであるが、
社会的にも由々しき事態であると言わざるを得ない。
相手方の弁護士が依頼者を
少しでも有利にする時の言葉にしか聞こえない。

我々は、法の下には平等で
法に照らし合わせて判決を下すのが
司法の役割ではないのか。

工事監理者が行う業務処理の方法や要領などは、
建築関係図書が並んでいる書店の棚に多く陳列されている。
特別な知識のようで
誰でも手に入れることができる知識なのである。
このことは建築界の常識なのであることを踏まえて、
建築法を正しく判断してほしい。


あまりにも建築法を無視した判決なので
私は我慢をすることができず、
「正しいことは大きな声で主張してよい」
と判断して、
勇気を鼓舞して、
虎のように、吠えた!

法の番人である裁判所に対して
「書店にも工事監理者の本がありますよ」
という皮肉を言うのは
言い過ぎかなと迷ったのだが。

↑このページのトップヘ